ふたば 385号ができるまで

今年度3号目となるPTA広報誌「ふたば 385号」はご覧いただきましたでしょうか。

今号は、2年生保護者の広報委員12名と、編集コーディネーターをつとめていただく6年生の広報委員2名の計14名で編集・発行されたものです。

12月22日の発行日に向けて、9月末に企画会議が行われました。

記事内容や担当、ページ割り等が決まったら、原稿の依頼をし、割り付け用紙に使いたいイラスト等を貼り付けて準備をします。10冊のイラスト集から記事に合ったイラストを探す作業もなかなか大変です。

使用写真もチェック。

写真と記事のバランスはどうでしょうか。

オレンジ色の広報の腕章をつけた広報委員の方々が撮った写真は、こうして「ふたば」や、このPTAブログに使用されます。

 

およそ2週間で試し刷りが出来上がってきました。

誤字、脱字はないか、字数、名前、日付が間違っていないか、用語規定に反していないかなど、全員でよく確認します。

写真や文章の追加、差し替えをすることも。

また、改行の位置が気になったり、イラストに違和感を感じることもあり、それもまた修正していきます。

下の写真は385号の12ページなのですが、出来上がった誌面と比べてみると、ここからまたずいぶん変わっていることがわかります。

3ページも写真の位置が変わりました。

みんなががんばった体育祭、たくさん、たくさん載せたい写真があります。

上記の校正を踏まえて再度刷り上がってきた原稿をチェックします。

7枚目の写真でお願いしていた副校長先生の写真もちゃんと入っていました。

ここで、先生方に校閲をお願いします。

お忙しい中ですが、保護者が気がつかなかったところも訂正して返してくださいます。

 

各号、編集長さんや委員の方々次第で、分担の決め方、編集作業の仕方、雰囲気も様々ですが、より良いものを作りたいという思い、完成したものを手にしたときの達成感は今も昔も変わらず共通のもの、のようです。